講師たちのお話も今日が最終回です。最後はもう抜群の安定感を見せるこの二名について。たぶん過去にも何度か書いているはずですが、出会ってしばらく経って新たな発見もありましたので。

赤井先生ってどんな先生?

気づけば、出会って3年が経ちました。いちばんお付き合いの長い講師ですが、先日のディスカッションを通して、彼女は講師として生徒さまを見ているだけでなく、人と人としての関わりを大事にしていることが分かりました。生徒さまの気持ちを第一に考えたレッスンを心がけているようで、生徒さま方からも優しい先生と評判です(*^^*)レッスンでの声かけの言葉もひとつひとつ丁寧に選んで話してくれます。楽器のレッスンというと本格的な内容をレッスンしようとすると高圧的になってしまいがちですが、彼女は違います!そんな姿勢を後輩講師たちも見習っています。

大隈先生ってどんな先生?

この1年で演奏家としての活動をより広げた大隈講師。リード作りがとても上手で、人呼んでリード講習会の大隈。(笑)集中力が並外れていて、オーボエへの向き合い方やストイックさは当教室の講師で最も秀でています。ただ時にあまりにも集中しすぎて他のことが手につかなくなる傾向も(笑)私の中では彼が当教室の中でいちばんオーボエっぽいキャラクターのように感じます。

 

さて、最後に自分のお話でも(笑)

山内はどんな講師か自分で話すのも自作自演過ぎて気恥ずかしいですが、他の講師のことを独断と偏見で書いた以上責任を持って…(*_*)

様子はずぼらでがさつなのですが、自分の中で上達の道をいくつかのパターン化をしていて、順序立ててレッスンをすることが多いです。その日生徒さまに何が必要なのか、何が出来るようになれるかを、生徒さまにお会いする前に前回のレッスンでの様子を思い出しておいて、そしてお会いしてから最初の音出しの際に考えて組み立てます。そういうのが好きなようです。料理をするのが好きなのですが、そういう時も、まず野菜を洗っている間に水を沸騰させておいて…みたいに順序を決めてその通りに動いて要領よく料理が全部出来立てで出せると満足したりします(笑)大掃除をする時も何時にどこを掃除するかあらかじめ決めて時間通りに終わるようにしたりします。こうしてみるとものすごく神経質そうな人に見えますが、実際は全然そうではないので、皆さまご安心くださいませ( ;∀;)

色々な講師がおりますが、相性が合わないなどございましたら、講師の変更も可能です。その際はどうぞお気軽にご連絡くださいませ。